読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過ぎたるは及ばざるが如し

浅く広くゆるい感じのアウトプット的なメモです

kanazawa.rb meetup #45

05/21 kanazawa.rb meetup #45
http://kanazawarb.github.com/meetup/45/

「はじめてのC☆I」

参加したのでアウトプットしてみる!!

今回は大イベントということとDMM.com Laboさんのオシャレな
フリースペースということで31名と盛況でした。
今回のMCは名司会で名高い @kiyohara さんです。

あっ、因みに受付で「DMM.com Laboさんの離職率6%って
かなり凄いですよねっ、ぜひ」て勧誘・・・話しかけた人は
私(@cotton_desu)です。
そして私はDMM.com Laboの社員さんでは
ありませんし、回し者でもありませんよ(笑)

はじめてのC☆I

今回は資料等のリンクが多いので、最初に感想を書きますね。
私にとってもはじめてのCIだったんですが、CIそのものがどういったもの
なのか概要もあり、CircleCiとGitHubのハンズオンもあり
テスト駆動ぽいことも出来て、色々と勉強になりました。
事前に準備さえしておけばpushのタイミングでCI先生が頑張って
くれることに感動を覚えました。

個人的にはテストコードの箇所が一番勉強になりました。
最後のテストコードで少しハマりはしたもののやり遂げることが
出来て良かったです。

以下の流れで説明・ハンズオンを行いました。
1.CIサービス紹介
https://speakerdeck.com/wtnabe/introducing-todays-ci-services
2.CircleCI 101
https://speakerdeck.com/wtnabe/circleci-hands-on-for-beginners
3.サンプルは以下のURL
https://github.com/wtnabe/todomvc-vanillajs
4.GitHub FlowとCIでモダンWeb開発
https://speakerdeck.com/murano/github-flowtocidemodanwebkai-fa
5.サンプルは以下のURL
https://github.com/t-murano/todomvc-vanillajs-meetup45
6.実際に動くテストコードの例
https://github.com/wtnabe/tdd-sample-ruby-minitest

懇親会

懇親会は歴代最多参加人数21名による鶏肉料理です。
美味かったし、今回は初めて参加される方や久しぶりに
参加される方と喋れて良かったです。
少し残念なのは人が多すぎて、二次会が2つのグループに
別れてしまったことですね。嬉しい悲鳴ってやーつですかね。

身近なイベント

06/11 WDF Vol.22
06/18 kanazawa.rb meetup46 [意識高いもくもく会]

「kanazawa.rb meetup #45」をトゥギャりました。
http://togetter.com/li/978082
「kanazawa.rb meetup #45」の写真公開
http://30d.jp/kzrb/35
まだ未公開ですが、数日後には公開される予定です。
※30days 様のご厚意により pro アカウントを優待いただいております。